t2v / holidays

The calculator of the Japanese holiday in Scala

GitHub

祝日計算 in Scala Build Status

http://addinbox.sakura.ne.jp/holiday_logic.htm の Scala 移植版です。

  • ※山の日 対応
  • ※東京五輪 臨時祝日 / 体育の日 改名 対応
  • ※生前退位 / 皇位継承 対応
  • ※2019年 臨時休日 対応

導入

Java8 Date&Time API と共に使いたい場合

以下の記述を build.sbt に足してください。 Scala 2.11.x, 2.12.x, 2.13.0-M5 に対応しています。

libraryDependencies += "jp.t2v" %% "holidays" % "6.0"

Joda-Time と共に使いたい場合

Holidaysの依存に nscala-time が含まれなくなったため、個別に nscala-time か joda-time を依存性に追加してください。 Scala 2.11.x, 2.12.x, 2.13.0-M5 に対応しています。

libraryDependencies += "jp.t2v" %% "holidays" % "6.0"
libraryDependencies += "com.github.nscala-time" %% "nscala-time" % "2.22.0"

使い方

Implicit に使う

Java8 Date&Time API

import java.time.LocalDate
import jp.t2v.util.locale.Implicits._

LocalDate.now().holidayName   // Option[String] で休日名
LocalDate.now().isHoliday     // Boolean

LocalDate.of(2012, 9, 22).holidayName // Some("秋分の日")
LocalDate.of(2009, 5,  6).holidayName // Some("振替休日")
LocalDate.of(2012, 9, 10).holidayName // None

LocalDate の他に LocalDateTime および ZonedDateTime をサポートしています。

Joda-Time(with nscala-time)

import com.github.nscala_time.time.Imports._
import jp.t2v.util.locale.Implicits._

DateTime.now.holidayName   // Option[String] で休日名
DateTime.now.isHoliday     // Boolean

new LocalDate(2012, 9, 22).holidayName // Some("秋分の日")
new LocalDate(2009, 5,  6).holidayName // Some("振替休日")
new LocalDate(2012, 9, 10).holidayName // None

LocalDate の他に DateTime をサポートしています。

Explicit に使う

Java8 Date&Time API

import java.time.LocalDate
import jp.t2v.util.locale.Holidays

Holidays(LocalDate.of(2012, 9, 22))  // Some("秋分の日")
Holidays(LocalDate.of(2009, 5,  6))  // Some("振替休日")
Holidays(LocalDate.of(2012, 9, 10))  // None

Joda-Time(with nscala-time)

import com.github.nscala_time.time.Imports._
import jp.t2v.util.locale.Holidays

Holidays(new LocalDate(2012, 9, 22))  // Some("秋分の日")
Holidays(new LocalDate(2009, 5,  6))  // Some("振替休日")
Holidays(new LocalDate(2012, 9, 10))  // None

LocalDate の他に DateTime をサポートしています。

パターンマッチにも

import java.time.LocalDate
import jp.t2v.util.locale.Holidays

val start = LocalDate.of(2012, 4, 28)
val end = LocalDate.of(2012, 5, 6)
val days: Seq[LocalDate] = Stream.iterate(start)(_.plusDays(1)).takeWhile(end >)

val names = days.map {
  case Holidays(name) => name
  case _              => "平日"
}

names == Seq("平日", "昭和の日", "振替休日", "平日", "平日", "憲法記念日", "みどりの日", "こどもの日")

Java8 LocalDate, LocalDateTime, ZonedDateTime および Joda-Time LocalDate, DateTime をサポートしています。

Copyright

'_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
'_/
'_/  CopyRight(C) K.Tsunoda(AddinBox) 2001 All Rights Reserved.
'_/  ( AddinBox  http://addinbox.sakura.ne.jp/index.htm )
'_/  (  旧サイト  http://www.h3.dion.ne.jp/~sakatsu/index.htm )
'_/
'_/    この祝日マクロは『kt関数アドイン』で使用しているものです。
'_/    このロジックは、レスポンスを第一義として、可能な限り少ない
'_/    【条件判定の実行】で結果を出せるように設計してあります。
'_/
'_/    この関数では以下の祝日変更までサポートしています。
'_/    (a) 2019年施行の「天皇誕生日の変更」 12/23⇒2/23 (補:2019年には[天皇誕生日]はありません)
'_/    (b) 2019年の徳仁親王の即位日(5/1) および
'_/       祝日に挟まれて「国民の休日」となる 4/30(平成天皇の退位日) & 5/2 の2休日
'_/    (c) 2019年の「即位の礼 正殿の儀 (10/22) 」
'_/    (d) 2020年施行の「体育の日の改名」⇒スポーツの日
'_/    (e) 五輪特措法による2020年の「祝日移動」
'_/       海の日:7/20(3rd Mon)⇒7/23, スポーツの日:10/12(2nd Mon)⇒7/24, 山の日:8/11⇒8/10
'_/
'_/  (*1)このマクロを引用するに当たっては、必ずこのコメントも
'_/      一緒に引用する事とします。
'_/  (*2)他サイト上で本マクロを直接引用する事は、ご遠慮願います。
'_/      【 http://addinbox.sakura.ne.jp/holiday_logic.htm 】
'_/      へのリンクによる紹介で対応して下さい。
'_/  (*3)[ktHolidayName]という関数名そのものは、各自の環境に
'_/      おける命名規則に沿って変更しても構いません。
'_/
'_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/